社会福祉法人姫路市社会福祉協議会バナー スキップして本文へ
ホーム > 平成29年度 事業計画・予算

平成29年度 事業計画・予算

 平成29年度は、姫路市社会福祉協議会の使命である「人とひとが手をつなぎ、いきいきとした生活ができる福祉社会の実現」を目指し、「地域の福祉力を高め、個別の福祉ニーズを解決する」ことを基本方針とし、5つの重点目標を掲げ、さまざまな事業を展開します。


重点目標T 社協支部とともに、地域福祉活動の充実を図ります

重点目標U 相談体制の機能強化を図り、個別の生活課題の解決に努めます

重点目標V 行政、関係機関との連携を深め、さらなる協働を図ります

重点目標W 安心な暮らしを支える在宅福祉サービスを提供します

重点目標X 社会情勢の変化等に対応できる組織の体制整備に努めます

社協支部

 概ね小学校区ごとに設置している社協支部において、地域のボランティアの皆さんの協力のもと、さまざまな事業を展開します。

* ふれあいネットワーク事業
* ふれあい食事サービス事業
* 子育て支援事業
* ふれあいサロン事業
* 社協支部選択事業
* 支部活動支援事業

相談援助

 市民からの福祉、介護に関する相談に応じ、必要な介護保険サービスや保健福祉サービスをご利用いただきながら解決に向けて、取り組みます。

* 福祉総合相談
* 介護サービス相談
* 居宅介護支援事業
* 生活福祉資金貸付制度の相談
* 生活困窮者自立相談支援事業
* 地域包括支援センターの運営
* 姫路市生活支援体制整備事業
* 成年後見支援センターの運営
* 市民後見人の後見監督
* 法人後見事業の調査・研究

在宅福祉サービス

 住民が抱える様々な福祉の困りごとに対して、公的制度だけでなくインフォーマルサポートを含めたサービス提供を行い、利用者が地域の中でその人らしい生活がおくれるよう支援します。

* 毎日給食サービス
* 外出支援事業
* ミニデイサービス事業
* 買物支援サービス事業
* 地域の居場所づくりへの協働及び支援
* 福祉サービス利用援助事業
* 車いすの貸出
* 訪問介護事業
* 通所介護事業
* 福祉用具貸与・販売事業

その他の事業

* 福祉ボランティア活動の支援
* あんしんサポーター養成研修
* 福祉教育の推進
* 介護職員初任者研修
* 福祉人材バンクの運営
* 広報紙「ひめじの社協」の発行
* マスコットキャラクターの活用
* ホームページ・フェイスブックによる情報発信
* 災害ボランティア研修会
* 「”社協版“災害に備えるしおり」の作成 等

このページの先頭へ

Copyright© 2003〜2017 Himeji City Council of Social Welfare. All Rights Reserved.