日常生活自立支援事業

高齢者や、知的障害・精神障害がある方などで、判断能力に不安のある方を対象として、在宅での生活を支援するために、福祉サービスの利用手続きや利用料の支払、通帳・印鑑・公的書類の預かりなどをするサービスです。

●このようなことありませんか?

〈事例〉
相談者:ケアマネージャー
対象者:80歳で一人暮らしの高齢者Aさん

Aさんは認知症のため一人で銀行に行って預金の引き出しをすることが難しく、福祉サービスの利用料金や公共料金の支払いも滞ることがあります。Aさん自身も、日常的な金銭管理に不安を感じていたため、日常生活自立支援事業の利用をAさんに勧めています。

支援内容

福祉サービスを利用するための手続きや郵便物の確認
金融機関での入出金、振込、支払
通帳(残高が50万円を超えないもの)・印鑑・公的書類の預かり

対象となる方

高齢者・知的障害者・精神障害者などで判断能力に不安のある方
(診断や障害者手帳の有無は問いません。)

利用料

1時間 1,000円と交通費

利用までの流れ

① 相 談

お住まいの市町社会福祉協議会が相談に応じます。相談内容に関する秘密は厳守いたします。

② 訪 問

基幹的社会福祉協議会の日常生活自立支援事業専門員(以下、専門員)が訪問し、本人との面談で心配ごとや困りごとなどをお伺いします。

③支援計画の策定

専門員が支援計画を作成します。

④ 契 約

支援内容に合意いただければ、本人と社会福祉協議会との間で契約を結びます。

⑤援助開始

生活支援員が本人を訪問し、実際に契約どおりの援助が始まります。
利用料
1時間1,000円+交通費実費
(生活保護受給者は無料)

相談窓口

姫路市社会福祉協議会 総合相談支援課 姫路市安田3丁目1番地 姫路市総合福祉社会館内2階

受付時間:月曜日から金曜日
8時35分~12時、13時~17時20分(土・日・祝・12/29~1/3を除く)